もつ鍋

そもそも、もつとは?

もつ鍋には、富良野産和牛と道産牛の大腸(シマチョウ)、小腸(マルチョウ)、第二胃(ハチノス)、第四胃(ギアラ)のミックスホルモンを使用し、丁寧に下処理にする事により、余計な臭みを取り除き驚くほど柔らかなフワフワ食感に仕上げてあります。

 foodpic8455520.jpg

また、鍋に使用されているキャベツは12月~3月にかけて和寒町特産の越冬キャベツを使用しています。
降り積もる雪の中で貯蔵しデンプン質を糖化させたんぱく質をアミノ酸へと変化させ旨味が増し、平均糖度は10度にもなる極上キャベツです。
もちろんスープは道南の真昆布で出汁を取り自慢のスープを作っています。
1つの鍋に北海道がギュッと詰まったこだわりのもつ鍋をご賞味ください。
和牛モツ鍋(大).jpg